男による妊娠・出産と育児・仕事・遊びに関する日々の奮闘記と、そしてそこから得たノウハウを紹介するブログ
はじめに | 未分類 | 育児- 妊娠・出産・育児に対する男の考え方 | 育児- 育児本(マンガ)・サイト | 育児- 育児ノウハウ | 育児- 子供の病気 | 育児- 育児エピソード | 育児- 子供とお出かけ | 出産- 妊娠・出産・育児のお金問題 | 出産- 妊娠してすべき事項 | 秀逸な絵本 | 議論 | 男の仕事 | 男の食事 | 男のお金 | 育児-STEM教育 | 
プロフィール

BabyLover

Author:BabyLover
子どもが生まれることを契機にはじめた当ブログ。
男の育児をメインにしていましたが、幅を広げ、男の仕事、遊びにを記していこうと思います。

検索
Google
カテゴリー
Supported by

スポンサー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
男の育児・男の仕事・男の遊び 日記
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
いくつになったの

いくつになったの
カウンター
ブログランキング
おすすめ本
ブログでも紹介しているお勧め本です
Twitter
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.05.09 Fri
沖縄旅行(1)~ANAマイルで旅行へ

ANAマイルを使って沖縄旅行

仕事がひと段落し、まとまった休みがとれたので、家族でどこかに旅行に行こうと言う話しになりました。
嫁も育児休暇中ということもあり、働き始めたらなかなか休みをあわせるのも大変なので、いまのうちになかなか行けないところへ行こうと。
とはいえ、海外は娘も小さいのでデビューはまだ早いだろうということで、沖縄で海デビューさせることにしました。

ただ、家族3人ともなると飛行機で沖縄も馬鹿にならない金額です。

そこで、目をつけたのが、ANAマイル。
結婚式や、出産をANAマイルが貯まるカードで支払っていたので、それなりにたまっていました。
それを使って沖縄に行くことに。

最近はマイルで航空券のみならずツアーを申し込めるみたいです。
ホテルはもちろん、オプショナルツアーでレンタカーも、さらには食事券などもつけることができるので大変お得。しかも、マイルを航空券に変えるとその航空券を使って乗った分のマイルは積算対象外となるが、ツアーで乗ると積算対象となるので、ちょっと得した気分になると思います。

で、ANAのHP内にあるツアー検索からピックアップしました。
時期的にかなり安い時期だったこともあり、そこそこ良いホテル(オーシャンビューの部屋)をとりました。
ANAツアーは飛行機の乗る時間を指定できるのですが、時間帯によって、追加料金が取られます。さらに、ホテルの部屋もなんやかんやで追加料金があるので、当初安いなぁと思っていた料金からは1.2倍くらいになったりします。

結果大人二人分でだいたい12万ちょっとでした。
実は、マイルは2万マイルで3万円という換金率だったので、12万ちょっとになるようにオプショナルツアー等で微調整しました。
トータル金額は最後までやらないとわからないので、なかなか苦労しました。

次回は、実際の旅行について、説明したいと思います。

ところで、マイルは2万マイルで3万円という換金率ですが、1マイルあたり1.5円なので、通常、クレジットカードで100円で1円の還元率を考えると、100円で1.5円の還元率なので、普通にポイント使うよりもこの方法で使う方がお得です。旅行好きな方は是非。




子どもを連れていくなら↓↓↓おススメです!
・子ども連れのお客さんがとにかく多い!
・食事に子ども用のメニュー、お皿などのサービス&条件が合えば無料の食事あり
・ビーチやプールでの子供向け配慮あり
・子ども用のちょっとした遊び等(「はいさい」といったホテル内でのオリエンテーリングみたいなの)

スポンサーサイト

テーマ:パパの育児 - ジャンル:育児
育児- 子供とお出かけ    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://babycome889.blog117.fc2.com/tb.php/51-2e33e019

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。